読書の秋

こんにちは。読書の秋にこれからなるということで今まで読んできた本も紹介していきたいと思います。

昨年からFBL大学http://www.fbldaigaku.net/でフィットネスビジネスを学ばせてもらっています。

その中で毎月読書論文の提出があります。

支離滅裂でかなり恥ずかしい内容ですがお勧めしたい本もありますので恥を覚悟で公開に踏み切ります!!

今回はこちらになります。

51kbuuru2yl

岡野工業の岡野社長の著書です。

↓↓↓↓

痛くない注射針やNASAからの仕事依頼などで有名な少数精鋭町工場「岡野工業」岡野氏の著書。前回の「学校の勉強だけではメシは食えない」同様に質問回答形式で展開されている。この岡野氏を知るきっかけになったのがTV番組で岡野工業が取り上げられた時のインタビュー時、最初は職人気質で気難しい印象だったのが「仕事は趣味。難しいから楽しい。人が出来ないことをするのが面白い。」と、意外とやわらかな一面があり大変興味を持ったのを憶えている。前作では仕事に対する質問に岡野節とも言える自論を展開する内容であったが、本書では前作にあまりなかった人生観やお金などに関する岡野節が数多く書かれている。著者がどのような人生観を持っているのか?期待を持たせる一冊である。

本作は全6章からなる質問回答形式で構成されている。1章は人間関係について7つの質問に対しての著書の考え方が紹介されており、「はみ出すことを学べ。そして味のある人間になるんだ。」後輩に対しては「欠点をあげつらねるんじゃなく、いいところを伸ばしてやれ。」などの文面が口語口調な所が違和感を感じるかもしれないが岡野節ととらえればスッと受け入れられるのも前作と同じである。人づき合いが苦手という質問に対しては、人が運も縁も運んでくれる。人間づき合いがいくら下手でもきちんと誠意を持って接すればおのずと人はついてくる。本当の付き合いをしていれば困った時に誰かが絶対に助けてくれる。など、現在希薄になりつつある人間関係の大切さをもう一度見直しさせられる内容となっている。2章、3章では仕事に対する考え方、人と違った事を常に考えて仕事に取り組む大切さ、自分の箱(会社)を作り一生現役で働く事の出来る環境づくりのススメなど起業したい者への後押しになるようなメッセージが散りばめられている。

ここまでは著者が仕事に対しての情熱や基礎の大切さなどが主な内容だったが、4章からは前作にはあまりなかったお金に対する考え方、世の中の渡り方についていよいよ入っていく。目先の利益だけしか見えていないで欲をかくと相応のツケが来る。お金の事ばかりを考えるとロクな仕事は出来ない。「金、金、、、、。」と言っていると、お金は逃げていく。など、4章では著者が感じている苦労せずに金持ちになろうという現在の風潮に一石を投じる内容になっている。本物だとわかるためにはまず本物を知らなければダメ。という言葉はどんな業種でも当てはまる所だろう。5章は人生観。ここで著者は今まで見せなかった自分の弱さを前面に出してくる。「自分の弱さを把握して、しかるべき人物を見極めて、そして率直に相談できる。それが最大の防御になる。」など人生に世渡り力は不可欠。いい人と知り合えば仕事も広がり、人生も豊かになる。と、述べている一方で色々な人が世の中にいるので用心深さも必要。と、今後の人生について気を引き締めさせる事柄も紹介してある。

この書は最後6章で社会人になる前にこれだけはやっておけ。という内容の今後社会人になる人に向けてメッセージ性の強い質問回答で終えている。全体の内容としてはかなり著者の自論、言葉で読者に訴えかけているが著者のあたたかさ、厳しさ、人間味などが感じ取れるものがある。それ以外でも基本を知っているかどうかでその人の本当の技術力が分かるという基礎の大切さ、どんな事柄でも本物と思われるまでは相当の時間がかかるが、人が本物と自分を認めてもらうことで自分の人生を自ら決められるようになると勇気づけられる一冊である。

テーマ:

ずっと元気で人生を楽しみたい方のためのメルマガ

ずっと健康なカラダを手にいれて楽しい人生を送るための運動方法 メールマガジン(登録無料)

・生涯、スポーツや運動を楽しみたい方

・人生を謳歌したい方

・趣味や旅行などやりたいことをいつまでも続けたい方