野菜から食べるのはスポーツに良いの?

おはようございます。花粉の季節が近づいてきました、、、不安いっぱいの近藤です、、

さて近年テレビでも食事は野菜から食べて最後に炭水化物(ご飯)を、、

みたいな感じで報道されていますよね。お客さんの中でもかなりの方が実践しているように感じています。

ここで考えてみます。野菜から食べるメリットって何でしょう?

野菜から食べると野菜の食物繊維が食事の吸収を抑え血糖値が急に上昇しなくなります。これは体脂肪を増やす働きのある「インシュリン(すい臓から出るホルモン)」をあまり出させないようにします。

これを考えると野菜から食べるというのは「太るのを防ぐ食べ方」だと思うのです。極端に言うとダイエット用の食べ方。

生きていく上で血糖値を調整するインシュリンは欠かせないものですが、スポーツ選手で練習後の疲労を早く取りたい人やボディビルのような筋肉の量を増やしたい人にはこの食べ方はあまりオススメできません。

インシュリンの量が抑えられると、、

グリコーゲン(簡単に言うと筋肉内のエネルギー)の回復や筋肉増加を邪魔する。

アスリートに必要な栄養素の吸収を阻害する。

そうするとこの食べ方については勝つために競技の練習をしたり、筋肉の量を増やそうとして一生懸命トレーニングをしている人にはかえって疲労回復や練習効果を減らしてしまいあまり良くない可能性を秘めています。まぁ実際に選手の腸を切り開いて栄養素の吸収がどれだけ阻害されているかを見る事はできないのですが、、、笑

野菜から食べるということは基礎代謝が減って太りやすくなった運動しない中高年にとっては、いい食べ方かもしれません。

しかし、スポーツ選手にとっては実は逆だと思うのです、、

情報化社会なのでいろいろな情報が乱立していると思いますが1つの情報がすべての人に当てはまるなんてありえないと思うのです。

その情報はあなたにとって最適な情報なのかをよく考えて実践してみてください。

分からなければお近くの専門家まで相談するのがお勧めです。

しっかりトレーニングをして強い体を作りたい人は昔のような日本人特有の和食の三角食べが理想的なように僕は感じます。

 

先日テレビでトマトジュースは温めるといいと知り早速トマトジュースを温めて飲んでしまった近藤でした、、、笑

 

 

テーマ:

ずっと元気で人生を楽しみたい方のためのメルマガ

ずっと健康なカラダを手にいれて楽しい人生を送るための運動方法 メールマガジン(登録無料)

・生涯、スポーツや運動を楽しみたい方

・人生を謳歌したい方

・趣味や旅行などやりたいことをいつまでも続けたい方