偏った考え方

テーマ:

こんにちは。九州の雨が早く落ち着くと良いですね。。

 

本当に毎年どこで何が起こってもおかしくないですね、、

 

さて、先週のTV東京のフットブレインでサッカーの長友選手の専属シェフの加藤さんが出演していて

食事についてお話しされていたんですが大変共感を持ちました。

 

長友選手がスタミナや怪我が多くなって困っている時に出会ったのが加藤さん。

 

加藤さん曰く、流行りの炭水化物ダイエットなどは運動選手はやるべきではなく逆に良質の脂を摂るように勧めたそうです。

 

そして、長友選手が加藤さんに食事のアドバイスをもらうようになってからはスタミナがつき、筋肉系の怪我も減ったそうです。

 

脂をエネルギーに変えるファットアダプト食事法と言うそうです。

 

これは選手にとって体質は人それぞれで糖質、脂質どちらがエネルギーとして大きく使われるかは違うそうです。

それを見極めた上で食事をすることが重要らしいです。

 

アスリートは過度な糖質制限はかえってパフォーマンスを落とす危険もあります。

最近なんでもかんでも糖質制限ですがこれは偏った考え方です。

 

 

ゲストの北沢さんもこうおっしゃってました。

 

1つの情報や考え方の偏りって危険だと思います。

 

これってどんな物事に対しても同じだと思います。

自分の鍼灸師の仕事もそうで、鍼灸師としてどんな人柄でどれほど知識や思想に偏りがないかが大切です。

 

偏りってある意味ものすごい魅力的で人を引き付ける力があるかもしれないけど中立を知らないとちょっと怖いですよね、、

 

人の健康や運動に携わる仕事をしていればなおさらですね。

 

中庸の考え方を大切にしていきたいです。

ずっと元気で人生を楽しみたい方のためのメルマガ

ずっと健康なカラダを手にいれて楽しい人生を送るための運動方法 メールマガジン(登録無料)

・生涯、スポーツや運動を楽しみたい方

・人生を謳歌したい方

・趣味や旅行などやりたいことをいつまでも続けたい方